FC2ブログ
2018. 06. 29  
件名:自転車による腱鞘炎?
--------------------------------
 以前、スノーボードでの打撲によるTFCC損傷疑いでご相談させていただきました、静岡県の無床整形外科診療所勤務の理学療法士です。
 テーピング固定にて無事痛み・クリック音ともに消失しました。加療にあたり、阿部先生の返信が心強かったです。ありがとうございました。

 今回、運動不足で自転車に乗り始めた症例2例に手掌の痛み、MP関節付近、A1プーリー?あったので、対処法など経験あればご教授いただきたくメールしました。
 1例は自分自身のことで、自転車通勤をはじめて数か月で手掌MPあたりの痛みを自覚、圧痛やon handでsharp painあり、握り動作は痛くなく、特別にADLに支障ない状態です。
 当初は普段の使い過ぎかと思い、腱鞘炎の対処としてMP関節のストレッチを実施したのですが、伸展ROMが健側の左よりもいい状態だったので、このまま更にROMが健側より拡大してもいいのか確信なく、アイシングのみ行い軽快しました。
 その後2回ほど痛みを自覚することありましたが、アイシングや自転車でハンドル握りすぎないよう気を付け、姿勢を意識するなどし、痛みが消失していました。
 今回、別の方で自転車をはじめたところMP関節に腫れ・圧痛・バネ指現象を生じた方がおり、とりあえずアイシングを行っていただきました。

自 転車運動をはじめて、手掌の痛みを生じる方というのは多いのでしょうか?自分が経験するまで考えもしませんでした。
 お忙しい中で申し訳ありませんが、経験などあればご教授いただければ幸いです。




 ご質問ありがとうございます。
 腱鞘炎を疑ってよろしいと思います。

 腱鞘炎は繰り返される屈伸運動だけで発症するものではありません。
 A1プーリーの外側(腱と接触する面を内側とすると)に変性を認めるとの論文があることから、腱からの機械的刺激だけではなく、手掌に加わる圧迫で発症する例もあると思います。

 私事で恐縮します。
 息子が軟式野球していることから私もチームのコーチをしており、時々、ピッチャーの投球練習に付き合うことがあります。キャッチャーミットを使わずマイグローブで捕球した後は、A1プーリーの圧痛、熱感、こわばり感が生じてしまいアイシングと腱鞘のストレッチ、超音波を施行し落ち着かせました。腱鞘炎ですね。
 手掌部分への繰り返される“圧”が原因となっていたようです。

 K.T.さんの話に戻ります。
 自転車はどのようなタイプのものでしょうか?
 前傾姿勢で乗車するスポーツタイプですと手掌部分で荷重することになります。

 3.11の震災以降、一時期、片道30㎞の道のりをマウンテンバイクで通勤していたことがありました。スピードを出すためにスタンドを高めにしていたので前傾が強調されておりました。当然、手掌荷重となり手のこわばりが生じてしまい、高挙手、アイシング、A1プーリーのストレッチで対応しました。

 MP関節の過伸展についてですが、慢性的な腱鞘炎では腱鞘の拘縮によりMP関節の過伸展が制限されますが、急性発症では拘縮は生じないものと思います。

 一度、腱鞘炎を発症した方は再発する。または、他の指にも発症しやすいとの報告があります。
 腱鞘炎になった方は再発防止のメンテナンスを継続することを勧めます。

 残念ながら、未だに腱鞘炎由来の拘縮手を診ます。
 臨床場面で腱鞘炎ありきで診て頂きたいと願います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
手根管症候群の手(CTS hand)
NEW Topics
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
訪問者(Y.A.さん)への返信
第8回 ハンドセラピィセミナー
Comment
返信ありがとうございます!
阿部先生、返信ありがとうございます!!
30キロの通勤!すごいですね!自分は10キロ未満で腱鞘炎発症し、少し肩身が狭いです・・・

>>高挙手、アイシング、A1プーリーのストレッチ
ストレッチは欠けていましたが、アイシングで症状が少しずつ落ち着いているため、さらに高挙手、ストレッチングの追加も行いたいと思います。

>>自転車のタイプ
マウンテンバイクタイプの前傾型です。過重量はいわゆるママチャリよりは多くなっています。

外側の変性、キャッチングでの腱鞘炎、今までの自分の腱鞘炎の理解が浅かったのがわかりました。

今後も腱鞘炎の芽は摘んでいけるよう、目を光らせていきたいと思います。
ご教授、ありがとうございました!!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-