FC2ブログ
2018. 02. 12  
 セラピィの終了間近で何をすべきか?

 腱鞘炎の再発で来院される患者がおります。
 通院時には、自己管理法としての手のアイシング、腱鞘のストレッチを理解し自己管理ができ、症状が緩解したためにセラピィを終了となっておりました。しかしながら、時間と共に自己管理を怠り、複数指の腱鞘炎発症での来院となりました。

 腱鞘炎の多くは手の過使用による発症であり生活習慣病と捉えても間違いないと思います。ですから、日々のメンテナンスが必要になります。

 疫学的にも腱鞘炎になった方は再発しやすく他指にも発症されると報告され、再発防止についての患者指導を行わなくてはなりません。


 私自身、17年前に腱鞘炎で両手の示指と中指の腱鞘を切開しております。未だに、手のこわばり感や熱感が生ずる時があります。手の使用過多で生じますので、腱鞘のストレッチとアイシングは欠かせません。

 後遺症として、腱の浮き上がりから来る腱鞘部の違和感や内在筋プラス肢位を持続したあとの指屈曲困難が生ずることです。このような後遺症は稀だと思いますが出来ることなら手術でなくセラピィで治せるものは治したいと考えております。
 17年間継続した腱鞘のストレッチとアイシングで持ちこたえている感があります。これからも継続していかなければなりません。

 再発例は腱鞘炎ばかりではありません。
 手根管症候群や胸郭出口症候群も再発することがあります。炎症疾患や絞扼性神経障害は再発しないとは断言できませんので、再発を前提に対応することが必要です。

 医療機関に勤務していると予防的なセラピィは出来ませんが再発予防はできます。
 腰痛の治療で著明なマッケンジーは、腰痛は再発するので予防策を指導することが大切だと述べております。

 最終的には患者の自己管理となりますが、自己管理の意味を理解し実行出来れば再発率は下がるものと思います。

 再発予防のための自己管理を継続して行ってもらうためには、簡単な内容で、効果を感じる内容でなければなりません。とても大切なことだと思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
訪問者(I.S.さん)への返信
NEW Topics
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
訪問者(Y.A.さん)への返信
第8回 ハンドセラピィセミナー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-