FC2ブログ
2018. 01. 01  
 「夜、寝れてますか?」

 神経内科系のテキストには、末梢神経障害の症状を“刺激症状”と“欠落症状”とに分けて論じております。とても理解しやすい分け方だと思います。
 整形外科系ではこのような記載はなかったように思います。

 刺激症状は、神経性疼痛、しびれ、脱力感など、
 欠落症状は、筋力低下、筋萎縮、感覚障害などです。

 欠落症状は自覚症状ばかりでなく他覚所見としても観ることができますが、刺激症状は他覚所見が得られにくく自己申告に頼らざるを得なく第3者からの症状認定が困難なものです。
 ですから、この刺激症状に対しては真摯に対応しなければなりません。「経過観察」は慎重にしなければなりません。

 この刺激症状である神経性疼痛は、腱鞘炎やTFCC損傷では運動時痛とは異なり、安静痛をも発します。
 その安静時痛により多くの方々は睡眠が妨げられてしまいます。
 長期間の睡眠障害を想像してみて下さい。
 本人もつらいでしょうが家族も大変な苦労を強いることにもなります。
 ですから、神経疾患の方には「夜は寝れてますか?」と先ず始めに尋ねます。

 (症状)誘発検査と緩解検査から誘発の特性を探り、安楽な肢位を探し出すことを先ず行わなければなりません。

 確定が出来なければ“疑い”でもいいと思います。
 セラピィの効果、姿勢指導の効果、就寝肢位の指導の効果など、効果確認が大切です。

 このように刺激症状で苦しい思いをする方々を診ていると、発症する前の予防が必要と考えます。
 病院勤務では無理な話です。
 飛び出さなければならないかもしれません。


 深大寺の除夜の鐘が聞こえてきました。
 年が明けたようです。

 2017年と締めくくりと思っておりましたが、新年のごあいさつとなってしまいました。

 明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
セラピィ終了間近でセラピストは何をすべきか。
NEW Topics
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
訪問者(Y.A.さん)への返信
第8回 ハンドセラピィセミナー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-