FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 12. 19  
 しびれはだれしもが経験する不快な感覚です。正座で生じるしびれは足を崩せば容易に改善しますが、医療機関での専門的な加療を要するしびれもあります。一般的にしびれに対する危機感が患者側にも医療従事者側にも薄いような気がします。しびれは神経の悲鳴と解釈しております。神経に圧迫や緊張が加わるとしびれが生じます。神経の悲鳴であるしびれを放置すると神経の障害が進行し、感覚が鈍くなったり、力は入らなくなったり、最悪、回復が望めないことさえもあります。

 しびれは求心性のインパルスで脳がしびれを感じますが、同様に痛みも求心性にインパルスが走り脳が痛みを感じます。
 痛みは、健常者にも備わった感覚であり生体防御として重要な感覚でもありますが、しびれは健常者には存在しない感覚であり、神経の障害により生ずる異常な感覚です。

 このようなしびれを愁訴として来院してきた患者と先ず始めに行うことは、しびれの意味を確認することです。
 一般の方は運動系と感覚系の症状をしびれと称して訴えてきます。
 運動系では、筋力低下(力が入りにくい)、振戦(震え)、こわばり感など、感覚系では、感覚鈍麻(1枚皮をかぶった感じ)(感覚が鈍い)、異常感覚(ジンジン)(ビリビリ)(チリチリ)(ピリピリ)(触れると嫌な感じ)と訴えられます。
 しびれは感覚系の症状であることを再確認する必要があります。

 しびれは感覚伝導路の障害により生じ、原因としては神経圧迫,循環障害,心因性要因があげられます。
 心因性要因は、ある施設によってはしびれを訴える患者の4割程度という報告もあります。「器質的病態が見当たらず、むしろ精神的要因と考えられる」と記されておりますが、このような患者の疾病利得を推測すると、評価側の私が欠落している診方があるように思えてなりません。とにかく安易に判断するのではなく慎重さが求められます。

 末梢神経障害では刺激症状であるしびれの他に感覚障害や筋力低下、筋萎縮など脱落症状も評価します。
 刺激症状の強さは神経障害の進行度とは無関係であり、脱落症状は神経障害の進行とともに増大します。その点を理解して評価する必要があります。

 しびれの訴えは自己申告であり具体的な数値で測定することはできません。
 患者のしびれの範囲、しびれの強さ、しびれのオンとオフを聴取し、しびれの程度を可能な限り共感できるように努める必要があると思います。
 また、しびれが誘発される動作や姿勢はしびれの病態を知るうえで必要であり生活指導にも使えます。
 反対にしびれが緩解される姿勢ではそれ自体がセラピィのヒントになりますので、誘発と緩解を理解することは末梢神経障害の評価と治療にとって欠かすことが出来ない手技であると思います。

 本日、新宿の朝日カルチャーセンターで「しびれは神経の悲鳴―手のしびれの対処法―」について話して来た内容を簡潔にまとめ加筆したものです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
「夜、寝れてますか?」 新年のご挨拶として
NEW Topics
訪問者(N.T.さん)への返信
訪問者(Tさん)への返信
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。