FC2ブログ
2017. 09. 16  
 手根菅症候群術後の手関節痛

 初めまして。京都の病院で働いてる者です。
 手根菅症候群の手術後1ヶ月で手関節痛が生じている患者様のセラピ?についてご相談があります。
 物を持つ・包丁で切る(調理師であるため)と豆状骨や月状骨周辺に痛みがあります。(圧痛+)また、尺骨茎状突起にも圧痛があります。
 軽度の熱感や腫れがある為、アイシング(20分)と可能な限りの安静(たまたま本人が持っていた母指と手関節を固定するサポーター(母指とう側外転位・手関節中間位)、手首を固定したADLや仕事での動作指導をおこないました。(包丁で切るときに肘関節の屈伸を使うなど)
 作業療法士は私しかおらず、相談することが難しい状況だったため、相談のコメントを送りました。
私が行った対応てもあっているのか、それ以外でも確認や対応をした方が良いのか教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。




 ご訪問ありがとうございます。

 手根管開放術後の手根部の疼痛でよろしいでしょうか?

 手根管開放術後の合併症の一つであるPillar painと思われます。
 発症機序には諸説がありますので、ご自身でも調べて下さい。
 職場でOTが一人で相談できないと述べられておりますが、術後の合併症ですので執刀医(主治医)はどのように考えているのでしょうか?術前の説明、術後、特にこの疼痛に関してはどのように患者さんに説明されているのでしょうか?このような場合、医師と足並みを揃えていかないと、執刀医とセラピスト間とで説明が異なると混乱を招きますので要注意です。

 手根管開放術なので基本的に手術後の合併症を考えて下さい。
 腫脹、熱感、浮腫、関節可動域の制限、腱滑走制限など、いくつものの術後の合併症を想定していかなければなりません。
 熱感に対してのアイシングはよろしいと思いますが、固定に関しては今一度考えてみて下さい。手関節の可動域は問題ないでしょうか?締め付けによる浮腫は大丈夫でしょうか?浮腫手で作業すると腱鞘炎を招く恐れがあります。腱鞘炎対策はされておりますか?
 手根管開放術後なので、正中神経の滑走は保たれておりますか?

 Pillar painに関しては、横手根靭帯を切離して急に手根骨の配列が広がったために生じた痛みであれば、手根管を閉じるよう操作を加えて疼痛が変化するか確認します。
 瘢痕部の圧迫による痛みであれば超音波が有効な例もあります。

 Pillar painはある一定期間が過ぎると緩和するとの報告もありますので、作業時の疼痛を回避する工夫も検討されるとよろしいかと思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
作業療法士を募集しております。
NEW Topics
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
訪問者(Y.A.さん)への返信
第8回 ハンドセラピィセミナー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-