FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 09. 13  
 10月15日(日)に企画した「手関節尺側部痛に対するセラピィ」は、今年の名古屋で開催されたハンド学会終了後に講師である西出先生と名古屋城を見物に行った時に、名古屋城を前にしてパソコンの画像を観ながら語りあい決定したものです。

 私は保存療法としてのセラピィ(以下、セラピィ)の重要性を強く感じ、胸郭出口症候群と手根管症候群、肘部管症候群、そして、腱鞘炎、CRPSとの鑑別を要する腱鞘炎由来のStiff handに対するセラピィに対して打ち込んできました。
セラピィにこだわる理由は二つ。
 一つは、当たり前のことですが、セラピストは非観血的治療法である徒手療法やスプリント療法、物理療法に限られているということ。
 もう一つは、少数ではありますが手術で悲惨な結果を目の当たりにした経験から、手術をしない選択肢、つまり結果を出せるセラピィを選択肢として確立するためです。

 セラピィを行うためには病態の把握が重要ですが、セラピィの適応を明らかにすることも重要です。しかし、この適応を明確にすることが大変難しく、軽症例はセラピィで重症例は手術の適応とはだれでも言えますが、セラピィと手術の適応境界ラインを引くことは出来ず、むしろオーバーラップしてしまうのだと思います。そして、コピペされたように多用されている「保存療法に抵抗を示す場合には手術が適応されます」ということになります。恐らく、この状態は今しばらく継続して言われることだと思いますが、オーバーラップの幅を狭めていく努力は必要です。この「保存療法に抵抗する・・・」の保存療法が曲者です。的確な内容だったのか? 対処療法だったのではないのか? セラピィの適応の病期だったのか? 考えさせられます。


 セラピィを頑張っているセラピストの一人、西出先生。彼の数多い報告の中で、TFCC損傷や肘部管症候群に対するセラピィは、私自身も興味のあるテーマであり、沢山のセラピストに学んでもらいたい内容でもあります。

 今回、TFCC損傷のセラピィとしなかった理由は、TFCC損傷だけが手関節尺側部痛ではないからです。
 私は、このセミナーで確認したい点は神経性疼痛との鑑別のための評価方法です。

 TFCC損傷と言われ続けドクターショッピングをされて来た症例。最もつらいのが就寝時だと言うことで、TFCC損傷でなく神経性疼痛を疑いました。軸圧痛を認めますが局所的でない手関節尺側部痛。緩みのない遠位橈尺関節。就寝時の疼痛誘発なので背臥位テストを行ったところ、肋鎖間隙狭小で疼痛が誘発され拡大で緩解したためTOSを疑いました。TOS誘発検査は全て陽性であり、肋鎖間隙の拡大、肩甲骨拳上、腕神経叢減張位で手尺側痛が緩解します。

 TFCC損傷であると明確に根拠付けるための評価は大切ですが、TFCC損傷はないとはっきりと否定できる術を持つことは、神経性疼痛例を多く担当するものにとっては重要なツールとなります。

 西出先生の話を聞いてセラピストのツールを一つ追加したいと思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
訪問者(Nさん)への返信
NEW Topics
訪問者(N.T.さん)への返信
訪問者(Tさん)への返信
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。