2017. 07. 01  
件名:剥離手術の件

 何度もしつこく申し訳ありません。
 最初のお返事ではリスクが高いのに、なぜ手術をしたいのかと言われているようなニアンスでとってしまっていました。でも昨日のメールを拝見したところ、良い病院と良いセラピストさえいれば良くると言うことでしょうか?

 ただそうは言っても、私たち素人には、せいぜいインターネットで実績や口コミを見ることぐらいしかできません。
 実際に今回もインターネットで探し〇〇大学病院の手外科の先生に手術をして頂き、その後の経過が良くなかったのでセカンドオピニオンで多くの実績をもつとの○○の○○先生を訪ねました。
 そこでも、当初は紹介状がなければ診ていただけないとか他の病院で手術をしている患者さんは一般的には受け入れはしていませんとの事でしたが、知り合いの先生に何度も頭を下げて、ようやくその先生を通しリハビリを受けられるようになった次第です。それでも実際には自分が希望するリハビリの先生にはついては頂けなかったりで週 2回仕事を早退させて頂き職場から病院まで片道2時間、病院が終わってから家まで1時間半かけて半年間通いましたが納得のいく結果が得られていません。残念ながら多くの人は良い先生やその後の確実なリハビリを受けられる病院を見つけることも大変難しく、更にその中で希望する先生に担当して頂けることなど本当にラッキーな人は一握りだと思います。

 でも、少しでも希望が持てるのであれば。
 もし、情報をいただけるのであれば、良い先生とその後のリハビリを確実にしてくださるセラピストさんがいらっしゃる病院を教えて頂きたいのですが。
 ○○県の○○市に在住します。術後リハビリに通院可能な場所が好ましいです。私自身がイ ンターネット上で探した中では、手外科の先生で実績を積まれているのは、このお二方でした。
 そして作業療法士の先生となると、これはなかなか普通の人では、情報もなくわかるものではありません。もし情報がいただければ幸いなのですが先生の立場上、難しいでしょうか。
 交通事故での扱いと言うこともあり治療が終了と言うわれる前に自分自身、納得のいくお話を伺えるところがあればと思います。
 本当に失礼なメールを毎日送ってしまい申し訳ありません。

 件名:追伸
 現在の先生がリスクがあると言う理由に、はじめに手術をした先生のそれぞれの感覚の違いと言うものがあるので、縫い方や強度は実際に開けてみないとわからないことであり剥離をすることによって緩みが出てしまうこともある。その場合、物が掴みづらくなると言うことも起こり得ると言う説明でした。
 それに対して手術をした先生は、この先ずっと使っていく中で多少の緩みが生じてくるのでその分も計算して強めに縫い付けてあるとお話ししていました。しかしながら剥離をすると言う事は、また癒着が生じると言うことで、よほどのリハビリが必要になり場合によっては今以上、不自由になることが予想されるので僕は手術をすることは勧めないと言っておられました。かなりリハビリを頑張っても多少の癒着は避けられないと言うことで劇的に変わると言う事はまずないとおっしゃっていました。後は今の現状に自分が慣れていくしかないのだと。




 再再訪問ありがとうございます。
 先ずは、活字のみでの情報提供ですので実際に見せて頂かなければ現実的なお話が出来ないことをご理解下さい。

 私は現状より機能を上げるためには覚悟が必要だと思っております。
 医師もセラピストも、そして、患者さんも。

 「手術すればよし!」とは考えないでください。
 手術後には動的な創傷の治癒過程があり癒着は避けきれません。癒着を最小限にするために後療法(セラピィ)をしっかりと行う必要があります。術後の手厚いリハビリです。
 ですから、癒着が完成してからリハビリを長期間行っても限界があります。

 通院しやすい医療機関の紹介を希望されておりますが、全ての条件が整うとは限りません。
 何が優先されるのか考えて下さい。手を治すなら仕事を調整する必要がありますし、仕事の調整が出来なければ手術はしない方がいいと思います。“何もしない選択肢”ですので何も変わりませんが後退もしません。
 治療に専念できるかということであり、仕事をしながら治療に専念することは十分ではありません。

 手術後の手は外科的操作による合併症が生じます。その合併症対策がハンドセラピィと言っても過言ではありません。通院が出来ないからと言って自己管理として責任転嫁するものではありません。やはり専門家であるセラピストが管理すべきと私は考えております。ですから、Mさんが今後手術をするならば待機手術ですので仕事を調整し一定期間治療に専念してほしいのです。

 覚悟があるようでしたらお知らせください。受診をして頂く医療機関をお知らせいたします。
 ブログを通してのやり取りはこれで終了と致します。次回はMさんに直接メール致します。
スポンサーサイト
NEXT Entry
腱再断裂の回避
NEW Topics
訪問者(K.I.)さんへの返信
訪問者(M.K.さん)への返信
作業療法士を募集しております。
訪問者(Nさん)への返信
保存療法としてのセラピィへのこだわり
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-