2017. 06. 25  
件名:腱剥離手術について

 もっと早くこのブログに出会えていたらと思います。
 なんと腱が断裂しているにもかかわらず、通院中の医師からは捻挫と診断され別の医師にかかるまで1ヵ月以上放置されてしまいました。
 右手の親指の伸ばす方の腱が断裂していました。
 昨年暮れ急いで人差し指からの腱移行術を受け、その後、作業療法士によるリハビリを週2回半年間続けてきましたが、癒着がありつっぱり感が辛い状態です。
 何とか親指と小指はくっつくようになり、親指と人差し指で物も摘めるようにはなりましたが、ちょこっとした動作でも凄く指が突っ張ることがあります。例えば小銭入れから小銭を取るとか、その小銭を自動販売機に入れるなどの作業はとても不得意になってしまいました。
 医師からは半年間リハビリを続けてきたが、これが限度だと言う話です。
 残された選択肢は、剥離との事ですがリスクと天秤にかけたら動かない指がこれだけ動くようになったのだから、後は不自由を他で補いながら慣れていくしかないと言われました。
 ただ、リスクを覚悟で手術を受けるのであれば、良くなることも無きにしにあらずと言われ、とても悩んでおります。剥離手術をするのであれば、今の段階でやらなければいけないと言われていますが、自分では判断しきれないのでアドバイスをいただきたいと思いご迷惑かと迷いましたがメールをさせていただきました。



 ご訪問ありがとうございます。
 非常に悩んでいる様子ですが、手術を受けるためには大いに悩むべきです。
 担当のセラピストはなんと言っているのでしょうか?
 患者さんの不安を払拭するのもセラピストの役割です。腱剥離後のリハビリはセラピストとMさんの共同作業となります。セラピストの考え方が術後成績に大きく影響されます。

 長母指伸筋腱の皮下断裂に対して示指伸筋腱の腱移行術は一般的な再建方法です。

 腱縫合後の癒着は極自然な成り行きです。癒着すると機能障害が著しくなり、Mさんのようにつまみなどの能力障害を被るためにリハビリにて癒着を最小限としなければなりません。

 Mさんの縫合した腱は腱癒着しておりますので腱癒合は確実に得られているものと思われます。
 癒着した腱には毛細血管が入り込んでおりますので剥離するということは毛細血管が切れて出血します。主要な細い血管は焼きますが全てを焼くことは出来ません。出血した血液は血餅となり腱の滑走の妨げになり腱の滑走を十分に行わないと癒着してしまいます。徐々に出血はしなくなり吸収され再癒着のリスクも減ってきます。それまでの間、しっかりとリハビリをしなければなりません。腱剥離後の2から3週間が勝負だと思って下さい。拘縮があれば別ですが腱に限っては長期戦ではありません。

 腱剥離の際の腱の状態がとても重要です。
 一般的に剥離後の腱の状態が健康的であれば再断裂の心配がなくセラピィを頑張ることが出来ますが、不健康であれば再断裂の可能性があります。

 つまり、腱剥離の一番のリスクは再々癒着であり、次に縫合腱が不健康であれば再断裂です。

 剥離するのは医師であり再々癒着しないようにするのは患者さんとセラピストです。セラピストは剥離腱の操作を理解して腱滑走を施し患者さんに自己管理(自主トレ)方法を指導し励まし不安を取り除きます。これらのどれかが不十分ですと剥離した腱は癒着します。
 私は担当セラピストの強い後ろ盾が必要だと思っております。

 

 最後に、Mさんの腱移行後の腱癒着に対する剥離で、なぜ、それほどまでリスクを覚悟で手術しなければならないのか不思議です。何がリスクなのかを分かりやすく確認したすることをお勧めいたします。

 何かありましたら、再度訪問して下さい。
スポンサーサイト
NEXT Entry
訪問者(Mさん)への返信 その2
NEW Topics
セミナー『手関節尺側部痛に対するセラピィ』のご案内
広島臨床リハビリテーション講習会のご案内
腱再断裂の回避
訪問者(Mさん)への返信 その3
訪問者(Mさん)への返信 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-