2017. 02. 12  
 セラピィを施す中でとても大切なことは、患者自身がどのような病態にあり、どのように自分の障害手を取り扱うべきかを理解することです。そのためにはセラピスは、「自分が患者を治す。治してやる。」というようなセラピスト主導であってはならず、自己管理方法や自主トレの方法の指導に時間を費やす必要があります。
 
 病態によっては1・2回の治療で症状が緩解することもありますが、半年から年単位を要することもあり、または、セラピィに抵抗を示すため最終的に観血的治療を選択されることもあります。

 私は治療をある意味で“拘束”だと思っています。
 週1回1時間の治療でも患者さんの1週間のスケジュールに半ば強引に入り込みます。来院するためには移動時間や前もっての夕飯の支度、通院手段の確保、仕事の割り振りなど治療とは別の解決しなければならない事柄も多くあります。
 そのような事情があることを医療従事者は想像すべきです。想像することによりセラピィの効果を高めるためにどうすべきか考えるものです。そうすると今回のテーマに立ち返ることになります。
 病態によっては長期間を要することもあり、これらをやり繰りすることは容易なことではありません。ですから、この拘束から患者さんを開放しなければなりません。しかも、治療効果を得ながらにして。的確な自主トレが出来れば通院頻度は少なく済みます。

 セラピストは患者が来院しなければ目的は果たせません。しかし、必要な回数の通院が可能な患者は決して多くはありません。労災や自賠の患者では比較的通院は容易ですが健保では仕事が優先されるため難しくなってしまいます。

 遠方のため通院手段がない、仕事が休めない、介護を必要とする家族がいるからなど、通院困難な理由はたくさんあります。
 しかし、患者側の理由ばかりではありません。セラピスト側の理由もあります。総合病院では単価の高い脳血管障害の予約枠を広げている施設が多いため、手外科の運動器リハの患者は予約が入りにくい、または限定的な回数となっているようです。手外科医から処方が出ても月に数回のリハビリでは術後の合併症は予防どころか有効なリハビリさえ受けられないこともあるのではないかと危惧致します。

 患者が通院して来ないから、予約が採れないからという理由で、拘縮手になっても許されるものではありません。
 
 「退院したら一人では通院できないから、主人か娘に仕事を休んでもらい車で送ってもらわなければならない。」
 「主人が高齢のため免許を返納した。便が悪い所に住んでいるからタクシーで通います。往復で5千円位。」
 手を治すのも容易ではありませんが、通院もまた大変です。

 問題解決は入院中の自己管理や自主トレの徹底指導だと考えます。
 自己管理法に加えリスクの管理もお伝えすべきです。
 併せて、必要なスプリントを作製します。患者によっては複数のスプリントを要しますので、どの時期にどのようなデザインのスプリントを作製するかを検討します。

 “治してもらう”から“一緒に治す”、主役は患者さんです。セラピストが血気盛んに治すものではないものと思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
訪問者(T.K.さん)への返信
NEW Topics
腱の滑走
訪問者(T.K.さん)への返信
病態説明、自己管理、自主トレ指導が最優先
訪問者(イマフジさん)への返信
2016年を振り返っての今年は
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-