--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 01. 09  
 神経損傷についてわかりやすくまとめて頂いていて大変助かっております。1点わからないところがありましたので、教えてください。

 最後の下線部に

 つまり、受傷直後であれば応答収縮を認める可能性がありNeurotmesisと判定してしまいますので、必要あれば10日後に再度検査する必要があります

とありますが、受傷直後に応答収縮が認められる場合はNeurotmesisでは無く、Neurapraxiaという理解で正しいでしょうか?

お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします。




 ご質問ありがとうございます。
 2010年12月10日のブログ記事ですね。

 NeurotmesisとAxonotmesisは軸索断裂、Neurapraxiaは脱髄です。軸索断裂では断裂部位(損傷部)より末梢でWaller変性が生じます。このWaller変性は断裂直後にぱっと変性するものではなく10日前後の時間を費やし変性すると報告されています。 つまり、軸索障害直後はNeurapraxiaと同じように応答収縮が生じます。
 NeurapraxiaでもNeurotmesisでも受傷直後は受傷部より遠位部では支配筋の応答収縮が認められます。時間の経過によりWaller変性が完成し応答収縮が認められなくなるのがNeurotmesisです。


 ある前骨間神経障害例です。
 発症翌日に受診されました。長母指屈筋、示指の深指屈筋のMMTが「0」でしたが、長母指屈筋と方形回内筋の複合筋活動電位は導出されました。しかし、2週後には複合筋活動電位の振幅幅が低下しており、伝導ブロックと軸索障害が合併した状態と判定できました。
 この2週間にWaller変性が生じ振幅幅が低下し、軸索再生には時間を要するだろうと推測できます。


 もう少し説明をすると、
 以前に読んだ文献でマッチ棒の太さの神経幹内には1000本の軸索があるとのことです。出所が不明ですので参考までにしておいて下さい。
 この1000本の軸索が全て断裂し変性するとは限りません。混在する不全麻痺もあります。
 ちなみにNeurapraxia、Axonotmesis、Neurotmesisは、軸索1本の状態を示しておりますので1本の神経幹を指しているものではありません。

 神経幹伝導検査は応答収縮を視診するので客観的な数値は出せませんが、複合筋活動電位を導出できない環境にいるセラピストにとっては力強いツールの一つです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
病態説明、自己管理、自主トレ指導が最優先
NEW Topics
病態説明、自己管理、自主トレ指導が最優先
訪問者(イマフジさん)への返信
2016年を振り返っての今年は
手根管症候群のハンドセラピィ
訪問者(A.O.さん)への返信
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。