2016. 12. 13  
 手根管症候群のop後の患者さんについて教えてください。

 手根管症候群で確か3年くらい前から母指~中指にかけて痺れがあり、先生から勧められて手術をしました。
 術後痺れからこわばりに変わり、母指~小指に拡大、表在感覚はありますが深部感覚鈍麻。
 最近はこわばりは強くなり痛みもあると言います。
 本人の話では術前は痺れのみでADLに何の問題もなかったが、術後は箸を持つとか何かをつまむ、蓋を開ける、下着のホックをつけるなどいろいろな巧緻動作ができなくなってます。
 特に右手の対立運動や、虫様筋が弱化しててMMT2レベルです。左は4くらいあります。

 先生は、術前も深部感覚や対立は弱くて術後悪くなってるとゆうより変わってない、とは言ってます。
 ただ手術の記録では右の正中神経はかなり細くなってた的なこと書いてます。

 このこわ張りは今後治ってきますか?



 ご質問ありがとうございます。

 手根管症候群(CTS)に対して手根管開放術を施行し、術後にこわばりが生じてしまったという症例のようです。
 
 このこわばり感は腱鞘炎によるものと解釈できます。CTSに腱鞘炎が合併するという報告は多々あり、自験例ではCTSに6割に合併しておりました。
 また、術後の合併症として浮腫や腫脹を呈している手で自動運動を繰り返して行うと腱鞘炎を発症ないし増悪させますので、他動運動によるROMの拡大を図るべきです。

 手術前から発症していた腱鞘炎なのか、手術の合併症として結果的に生じてしまった腱鞘炎なのかは分かりませんが、腱鞘炎を鎮静化していかないと、腱鞘炎由来のStiff hand(硬い手)となり、不可逆的な拘縮手となりますので注意して下さい。

 腱鞘炎が沈静化するとこわばり感も消失します。腱鞘炎には繰り返される自動運動と温熱療法は禁忌ですので注意して下さい。

 浮腫に対しては高挙手、腫脹や熱感に対してはアイシング、ROM制限は愛護的に他動運動で徐々に拡大して下さい。運動による痛みの誘発には十分に注意を払って下さい。恐らく手指屈筋腱の滑走の制限が生じていると思いますので滑走の拡大も図るようにして下さい。

 正中神経に対しては神経滑走運動により滑走の拡大を図って下さい。

 最後に、「こわばりは今後治ってきますか?」とありますが、治療者が治るように誘導しなければ治るものも治りません。病態に即したプログラムを立案して下さい。
スポンサーサイト
NEXT Entry
手根管症候群のハンドセラピィ
NEW Topics
セミナー『手関節尺側部痛に対するセラピィ』のご案内
広島臨床リハビリテーション講習会のご案内
腱再断裂の回避
訪問者(Mさん)への返信 その3
訪問者(Mさん)への返信 その2
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-