FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 10. 22  
 こんばんは。セミナーでお世話になっているS.W.です。
 お忙しいところすいません。今来ている患者さんのことでアドバイスいただけないかと思ってメールさせていただきました。

 手の第5指のボクサー骨折の患者さんのことです。
 90°-90°法で15日固定してその後3日間ぐらいMPjのみの固定とし、固定offとなり、リハビリ開始となりました。はじめはMPj90°屈曲位となっていましたが、少し経つと50°~55°ぐらいまでしか屈曲がいかなくなってしまいました。伸展は0°ぐらいまでです。初めに可能だった角度が得られなくなる原因はどのように捉えればよいのでしょうか?
 浮腫固定を外してからのほうが強くでるようにも思えますが、浮腫のためでしょうか?固定をしている時からリハビリを進めればよかったと思っていますが、経験が浅かったので再転位のリスクを優先して考えてしまいました。
 現在受傷から4w、来院からは4w+3日です。どうすればよかったのか、今後どのようなことに注意するべきかアドバイスいただけたら有難いです。

よろしくお願いします。


 ご質問ありがとうございます。
 小指の中手骨頚部骨折の症例ですね。
 恐らく指伸筋腱の癒着が考えられます。
 90-90°法で3週間弱固定すれば、関節拘縮と伸筋腱癒着は生じます。
 90-90°法で固定されていたとしてもきっちり90°ではなく、特にPIP関節では90°も屈曲していないと思います。PIP関節の屈曲は100°はありますので、固定除去後の屈伸運動で腱癒着による腱固定効果がありますとし、DIP関節とPIP関節を深く屈曲した分、MP関節の屈曲は制限されてしまいます。
 また、小指は患者の目から見えにくい位置なので、MP関節を意識しなければPIP関節とDIP関節の屈伸運動が中心となります。
 骨折のセラピィは合併症対策ですので、予測される機能障害に対して手を打っていきます。中手骨骨折での腱癒着ではMP関節とIP関節(PIP・DIP)とに分けて関節運動をしてから、腱滑走の拡大を目的にMP関節とPIP関節の同時屈曲運動を入れなければなりません。

 この話は次回のセミナーでもお話しする内容です。
スポンサーサイト
NEXT Entry
低位尺骨神経麻痺(Guyon管症候群)を診る
NEW Topics
訪問者(N.T.さん)への返信
訪問者(Tさん)への返信
訪問者(作業療法士 Tさん)への返信
手根管症候群の手(CTS hand)
訪問者(K.T.さん)への返信
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。