2017. 02. 12  
 セラピィを施す中でとても大切なことは、患者自身がどのような病態にあり、どのように自分の障害手を取り扱うべきかを理解することです。そのためにはセラピスは、「自分が患者を治す。治してやる。」というようなセラピスト主導であってはならず、自己管理方法や自主トレの方法の指導に時間を費やす必要があります。
 
 病態によっては1・2回の治療で症状が緩解することもありますが、半年から年単位を要することもあり、または、セラピィに抵抗を示すため最終的に観血的治療を選択されることもあります。

 私は治療をある意味で“拘束”だと思っています。
 週1回1時間の治療でも患者さんの1週間のスケジュールに半ば強引に入り込みます。来院するためには移動時間や前もっての夕飯の支度、通院手段の確保、仕事の割り振りなど治療とは別の解決しなければならない事柄も多くあります。
 そのような事情があることを医療従事者は想像すべきです。想像することによりセラピィの効果を高めるためにどうすべきか考えるものです。そうすると今回のテーマに立ち返ることになります。
 病態によっては長期間を要することもあり、これらをやり繰りすることは容易なことではありません。ですから、この拘束から患者さんを開放しなければなりません。しかも、治療効果を得ながらにして。的確な自主トレが出来れば通院頻度は少なく済みます。

 セラピストは患者が来院しなければ目的は果たせません。しかし、必要な回数の通院が可能な患者は決して多くはありません。労災や自賠の患者では比較的通院は容易ですが健保では仕事が優先されるため難しくなってしまいます。

 遠方のため通院手段がない、仕事が休めない、介護を必要とする家族がいるからなど、通院困難な理由はたくさんあります。
 しかし、患者側の理由ばかりではありません。セラピスト側の理由もあります。総合病院では単価の高い脳血管障害の予約枠を広げている施設が多いため、手外科の運動器リハの患者は予約が入りにくい、または限定的な回数となっているようです。手外科医から処方が出ても月に数回のリハビリでは術後の合併症は予防どころか有効なリハビリさえ受けられないこともあるのではないかと危惧致します。

 患者が通院して来ないから、予約が採れないからという理由で、拘縮手になっても許されるものではありません。
 
 「退院したら一人では通院できないから、主人か娘に仕事を休んでもらい車で送ってもらわなければならない。」
 「主人が高齢のため免許を返納した。便が悪い所に住んでいるからタクシーで通います。往復で5千円位。」
 手を治すのも容易ではありませんが、通院もまた大変です。

 問題解決は入院中の自己管理や自主トレの徹底指導だと考えます。
 自己管理法に加えリスクの管理もお伝えすべきです。
 併せて、必要なスプリントを作製します。患者によっては複数のスプリントを要しますので、どの時期にどのようなデザインのスプリントを作製するかを検討します。

 “治してもらう”から“一緒に治す”、主役は患者さんです。セラピストが血気盛んに治すものではないものと思います。
スポンサーサイト
2016. 05. 04  
 感覚検査の一つでありますSemmes Weinstein monofilament test(SWT)が、今年度の診療報酬改定で算定できるようになりました。

 『末梢神経断裂、縫合神経断裂または絞扼性神経障害の患者に対して当該検査に関する研修を受講した者が、Semmes Weinstein monofilament setを用いて知覚機能を定量的に測定した場合に算定できる。なお、検査の実施に当たっては、関係学会の定める診療に関する評価マニュアルを遵守すること。』

  「当該検査に関する研修」とは、日本ハンドセラピィ学会が行うSWT講習をさし、評価セミナーでの実技も含まれます。

  「関係学会」とは、日本ハンドセラピィ学会

  不明瞭な点もあります。上記の文言に手または上肢という部位が記載されておりません。また、PT・OT・医師との文言もありません。例えば、DM性末梢神経障害の足をSWTした場合はどうなるのか?医師も講習会に参加するのか?片手で280点を算定できるのか?CTS両側例では280点×2になるのか?月に何回の算定が可能なのか?・・・・。

 不適格な算定は避けなければなりません。
 ①障害度の評価:障害範囲を調べる検査
 ②経過の評価:回復状況を調べる検査
 ③実用性の評価:視覚的フィードバックがない状態で機能するかを調べる検査
 ④再教育の適応の評価:感覚の再教育を行う時期を確認する検査

 各施設がきちっとしたルールに従って実施し、継続的な算定が出来るようにしてもらいたいです。
2012. 11. 05  
第25回日本ハンドセラピィ学会学術集会の開催案内

会長:藤原英子(第一東和会病院)
会期:2013年4月20日(土)から4月21日(日)
会場:神戸国際会議場 メインホール(神戸市中央区港島中町)
テーマ:スポーツ疾患におけるハンドセラピィの現状と役割
定員:500名
HP:http://meeting25.jhts-web.org/
演題締め切り:11月末日


 今回はスポーツ疾患をテーマとしております。ハンドセラピストが日常臨床で経験するスポーツ疾患は骨折、靭帯損傷、腱損傷、末梢神経損傷と多彩ではあると思いますが、特別講演として肘部での損傷とTFCC損傷を、シンポジウムではそれらのセラピィについて発表の予定と聞いております。
 また、日曜日のポストミーティングでは「ハンドセラピィ技術の伝承」として、肘関節、前腕・手関節、手指に関するセラピィの実演と実習を予定されております。
 ちなみに私は、特別講演の座長としてセラピストが日頃考えている、疑問に思っている内容を講師の先生から引き出して、実りのある講演の裏方を務めさせていただきます。

 演題の申し込みが11月末までとなっております。スポーツ以外の演題でも結構ですので、勇気をもって演題を申し込んでください。
2012. 08. 04  
 ハンドセラピィ中に体調不良を訴える患者さんは年間に数名おります。
 ほとんどが20歳前後の方たちで、貧血症状です。
 しかも、臨床経験が若いセラピストの担当患者に偏っております。

 貧血を訴えた方々の特徴は、
 ①多くが20歳前後
 ②性別:男性>女性
 ③治療内容:保存療法<<手術療法例
 ④発症時期:セラピィ初診時から3回目
 ⑤担当セラピスト:若手
 ⑥治療場所:治療用テーブル

 年齢が高くなるにつれて高血圧症や糖尿病などの既往歴をお持ちの方がおられますが、健康意識が若年者より高く規則的な生活をしているためか、中年から高齢者では、貧血症状で体調不良を訴えるものは未だ経験しておりません。

 また、出血や創部、疼痛への抵抗感、朝食抜き、睡眠不足、”リハビリは痛い!”への緊張感など、複数の要因があるものと思われます。

 貧血症状を出さないためにはどうすればいいのか?

 セラピストも患者も初心者が貧血症状を引き起こしやすいことを考慮し、初めのうちはベットで横になっての運動とし、痛み具合を見ながら行うべきだと思います。関節可動域運動で痛みはつきものですが、耐え難い痛みは避けるべきであり軽い痛みで時間をかけて拘縮した組織の伸張性を出すようにセラピストは心がけるべきです。
 ベットから離床する際にも、一度座位で様子を確認し起立性の低血圧の有無を確認することも忘れてはなりません。
 
2012. 03. 17  
 今年の4月に開催されます第24回日本ハンドセラピィ学会学術集会につきましてお知らせ致します。

 日時:2012年4月20日(金)・21日(土)
 会場:はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市桜木町)
 テーマ:Clinical Assessmentの構築に向けて


 学会長は、聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部の大森みかよ先生。
 非常にハンドセラピィに関して含蓄があり頼りがいのある先生です。テーマは難しいように思いますが、先生らしく”臨床では評価が基本”という姿勢の表れでもあります。
 評価をきちんと押さえませんと治療方針のベクトルがずれ良好な結果が得られません。これはハンドセラピィに限らず、セラピィ全般にも言えることだと思います。
 基本に立ち返るという意味で、「基調講演」や「パネルディスカッション」もとても勉強になるものと思います。私自身、とても楽しみにしております。

 翌日は、一般演題で36演者の方々の発表があります。口述発表では「橈骨遠位端骨折」「スプリント」「評価・研究」、ポスター発表では「末梢神経・肘」「手指・母指」「橈骨遠位端骨折」となります。
 橈骨遠位端骨折は、口述・ポスターを含めて12演題ととても多く、ハンドセラピィに特化しておられないセラピストにも得られるものは大きいと思います。

 私は、ポスター発表で「腰痛性胸郭出口症候群」について発表致します。腰痛を治すと胸郭出口症候群も治ったという臨床経験をまとめた内容です。異論は多々あると思いますが、参加者と議論できることを楽しみにしております。

 また、ポスター発表の「橈骨遠位端骨折」の座長を務めることになりました。内容はここではお伝えできませんが、橈骨遠位端骨折のセラピィを進めて行くにあたっては、とても興味のある内容ばかりです。時間を忘れて議論しすぎないように注意しなければなりません。


 今回の学術集会への参加は事前登録が必要です。詳しくは日本ハンドセラピィ学会のホームページを参照して下さい。

 横浜でお会い致しましたら、「ブログを訪問しています!」とお気軽に声をお掛けして下さい。
 お会いできることを楽しみにしております。
 
HAND maintenance studio
hms
訪問者数
プロフィール

阿部幸一郎

Author:阿部幸一郎
作業療法士、認定ハンドセラピスト

 日常の臨床で手のリハビリに携わるセラピストを応援し、自分自身も切磋琢磨することを目的に、2011年7月にこのHAND maintenance studioを発足致しました。
 特に、指導者がいないセラピスト、数少ない手外科の患者をどのように診ていいのか迷うセラピスト、総合病院で手外科に専念できないが興味があるセラピストなどを応援します。
 そのため定期的な手のリハビリテーション(ハンドセラピィ)に関するセミナーを企画開催しております。
 また、手のことでお悩みがある方に対しては相談や運動指導を直接行っております。
 ご遠慮なく、訪問して下さい。

Twitter:@hand_abe(フォローをお待ちしております)

ズームバー
ズーム: 100% → 100%

ページ番号
TOTAL Pages 2
検索フォーム
ご意見はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-